トップページIR情報株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

日頃より大豊工業ならびに大量グループ各社に格別のご支援をいただき、誠にありがとうございます。2018年度の中間報告にあたり、ごあいさつ申し上げます。

当第2四半期における世界経済は、前年に引き続き世界貿易量の伸びを背景に、緩やかな回復を続けています。圏内においては自然災害の影響による景気の鈍化があったものの、企業収益や個人消費の持ち直しにより緩やかな回復が続いています。自動車業界においてはSUV市場の好調により、欧米、中国の大規模市場が堅調に推移しましたが、アメリ力による追加関税の発動、米中貿易摩擦の動向により不透明な状況となっております

【2018年度上半期の業績】
連結売上高は564億円となり、前期比7億円の減収となりました。自動車部品は中国、アジア市場を中心に軸受製品、システム製品、ガスケット製品の販売拡大により18億円の増収となりました。設備・金型事業では予想以上に厳しい事業環境が続いており、設備および試作の大幅な受注低迷により25億円の減収となりました。これにより利益面では経常利益22億円となり前期比14億円の減益となりました。

【2018年度下半期に向けて】
今後の世界経済はさらなる貿易摩擦の拡大など不透明な状況が続くと思われます。通期予想につきましては設備・金型事業の上半期動向を踏まえ、売上高1,130億円、経常利益49億円、当期純利益を33億円ヘ修正させていただきます。このような厳しい経営環境ではありますが、海外の成長市場を中心に売り上げ増とさらなる合理化と経費削減に努め、グループの総力を挙げ収益向上を推進いたします。

 

「VISION 2020」
「地球環境とお客様への貢献」

2016-2018年度中期経営方針
「ゆるぎない『信頼と技術』でグローバルに躍進」のもと、

  • 技術・品質・原価の徹底追求により、
    世界トップの競争力を持つ企業となる。

  • 人財・組織づくりとリソーセスの最大活用により、
    グローバル基盤を更に強化する。

 株主の皆さまには、引き続き、ご支持・ご鞭撻をお願い申し上げます。

2018年11月    

president_sugihara
ページトップへ