健康経営優良法人2020に認定されました

当社は3月2日、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する健康経営優良法人2020(大規模法人部門(ホワイト500))に認定されました。認定は今回が初めてとなります。
当社は2019年6月に「健康宣言」を制定し、この宣言のもと社員の食生活改善、運動習慣づくり、メンタル疾病対策を重点に取り組んでいます。

●主な施策

<食生活改善>
カロリーの過剰摂取による肥満、また生活習慣病を予防するため売店での低カロリー食品コーナーの設置、自動販売機の各ドリンクにカロリーを表記するなど、カロリー確認を習慣付ける取り組みを実施しています。
また3月より新型コロナウイルス、インフルエンザ等、感染予防対応の一環で「食堂メニューでの食事による予防」を実施します。免疫力向上効果がある食材を使ったスープメニューを提供し、社員の健康維持に努めます。

<運動習慣づくり>
職場の一体感と運動習慣づくりのため、大豊工業、グループ会社、仕入先で「大豊グループ駅伝大会」を実施しています。
また職場でチームを組み、期間中の平均歩数を競い合う「てくてく大作戦」を開催しました。

<メンタル疾病対策>
管理職層を対象にメンタルヘルスケアの能力向上教育を実施しています。公認心理師の指導の下ラインケアの基礎知識を学び、心の健康管理に取り組んでいます。
また精神的に負荷が高い昇格者、異動者に対し公認心理師による面談を行い、メンタルヘルス不調の防止を図っています。

 

社員が生きがいを持って健康で働き続けるため、「健康寿命の延長」を支援し「働きやすく快適な職場」づくりに今後とも取り組んでまいります

ページトップへ