偏心溝軸受
潤滑油サイドフロー低減 偏心溝軸受

「偏心溝軸受エンジンベアリング」は油溝構造を改良し油の横漏れを減少させたもので、軸受クリアランスやフリクションには影響なく、油量を削減させることができます。油量の削減はオイルポンプの負荷を低減させ燃費向上に結びつきます。

特徴

・主軸受における潤滑油のサイドフローを減らす。(軸受性能に影響しない潤滑油量の削減)
・オイルポンプ容量を縮小し、駆動トルクを低減

構造

主軸受アッパ側の潤滑油の流れ

主軸受アッパ側の潤滑油の流れ
ページトップへ