社員紹介

軸受で培ったトライボロジー技術をエンジン潤滑システムに応用する研究者。 第1開発部(軸受先行開発室) 2007年入社 工学研究科 制御機械工学専攻 修了

主力製品である軸受けの新しいカタチを模索する仕事です。

第1開発室部(軸受先行開発室)

もともと自動車が好きだった私は、大学院でエンジン軸受の潤滑に関する研究をしていました。そこで潤滑の重要さを学び、エンジン軸受に関して世界トップクラスの技術を有する大豊工業に入社しました。入社後は第1開発室部(軸受先行開発室)に所属し軸受の潤滑に関する研究を進めてきました。現在の仕事は、軸受も含めたエンジンの潤滑システムの高効率化について研究しています。エンジン内部のオイル流れをシミュレートして、運転状況に応じ最適な潤滑ができるように新しいアイテムやシステムを考え、その基礎研究を行っています。エンジンの潤滑システムというと、自動車メーカーがする仕事というイメージがありましたが、これまで軸受の潤滑で培ってきた様々な技術が応用できる可能性があり、高いモチベーションをもって仕事ができています。既存技術と新しい分野をうまく融合させて技術革新をすることが私たち研究部の使命です。

諦めずに挑戦し続けることが未知の現象の理解に繋がる

第1開発室部(軸受先行開発室)

私たちの研究活動は、試行錯誤の連続です。たとえ失敗してしまったとしても、決して諦めず挑戦し続けることが重要になります。仮によくわからない現象が発生したとしても、”仮説を立てて検証する”というサイクルを繰り返すことにより、その現象を理解できるようになります。現象が理解できると、理想と現状のギャップに対してどう攻めた方がよいかについて検討することができるようになり、ノウハウの蓄積に繋がっていきます。大切なことは、技術に対する好奇心を忘れず、日頃から様々な分野についてもアンテナを広くはり、様々な分野に関心を持って洞察を深めることです。そうすることで自分自身の視野が広がり、新しい着眼点やアイデアが生まれるようになります。今後も潤滑の専門家として、軸受も含めた無駄のない潤滑システムの構築を目指し挑戦し続けてまいります。

モットー「あらゆることに好奇心を持ち研究対象にする」

TOP
Discover Our Future どこにもない製品をどこにもない製法で世界にたった一つの自動車部品メーカーへ
マイナビ